本文へ移動

処遇改善加算等の情報公開について

令和2年度 処遇改善加算等の取得状況について

当法人では、福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅰ)と福祉・介護職員等特定処遇改善加算の両方を取得しています。

福祉・介護職員処遇改善加算

介護職員の賃金改善のために平成24年に創設されました。
その後、昇給につながるキャリアアップの制度のしくみを構築し介護職員の資質を向上させることや労働環境を整備することで介護職員の定着をはかることで加算を充実させてきました。
 
当法人では下記の取り組みを行っており、要件1を満たしております。                   
 
1.キャリアアップの要件 
   
  •  職員の職位、職責又は職務内容に応じた任用等の要件を定めています。
  •  職位、職責、又は職務内容等に応じた賃金体系について定めています。
  •  就業規則等の明確な根拠規定を書面で整備し、当法人の職員に周知しています。
 
2.職場環境等の要件
  • 資質の向上
 
          ・働きながら介護福祉士等の資格取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い支援技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引研修、強度行動障害支援者養成研修、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援
    ・研修の受講やキャリア段位制度と人事考課との連携
  • 労働環境・処遇の改善
    ・ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化、及び個々の職員の気づきを踏まえた勤務環境や支援内容の改善
    ・事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化
    ・介護休暇、看護休暇を有給としている
  • その他 

    ・非正規職員から正規職員への任用替え
    ・個々の働き方に配慮した処遇を実施

特定処遇改善加算

 
 現行の福祉・介護職員等特定処遇加算に加え、2019年度から福祉・介護職員等特定処遇加算が創設されました。
 従来の処遇改善加算に加え、キャリア(経験・技能)のある介護職員に対し、さらなる処遇改善を行うものです。
TOPへ戻る